JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

菅野よう子プロデュース&新人アーティストMaya歌唱で「Blue」新Ver.完成、HondaのCMソングに

Honda新CM「MOVE篇」より。
4か月前2024年01月28日 20:07

本田技研工業(以下、Honda)の新CM「MOVE篇」が本日1月29日に全国で放送スタートする。このCMにて、菅野よう子が手がけた楽曲「Blue」を新人アーティスト・Mayaが歌う新バージョンが使用されている。

2001年よりグローバルブランドスローガンとして「The Power of Dreams」というメッセージを発信してきたHonda。このスローガンは「How we move you.」を副文に加える形で昨年4月に再定義された。「MOVE篇」はこの「The Power of Dreams How we move you.」が目指すものを具現化し、国内外に発信する目的で制作された。

「Blue」は1998年に放送され、世界中で人気を博し、Netflixで実写化もされたテレビアニメシリーズ「カウボーイビバップ」の最終話のエンディング曲。Mayaは米国在住の新人アーティストで、昨年3月にikTokに投稿したグローヴァー・ワシントン・ジュニア「Just the Two of Us」の弾き語り動画で注目を浴びている。「Blue」新バージョンのプロデュースは菅野自身が担当。菅野はMayaについて「可能性の塊。青空に放たれれば、力強くどこまででも飛んで行くでしょう」とコメントしており、Mayaは今回の起用について「祖父母がずっと愛用しているHondaさんのCMに携われたのは夢のようです」と喜びを語っている。

菅野よう子 コメント

想像の翼で、乗り物という概念さえ飛び越えようというHondaのスローガンと、魂の自由を歌ったBlueという曲が、25年の時を超えて響き合うことを嬉しく思います。Mayaさんは可能性の塊。青空に放たれれば、力強くどこまででも飛んで行くでしょう。未来が楽しみです。

Maya コメント

Mayaです。私にとって新しい挑戦と変化の2023年が終わる頃、このような素敵なオファーをいただき心が高ぶりました。菅野さんは初めてお会いした時から気さくに話しかけてくださり、本番のNYレコーディングも楽しくリラックスして臨めました。映像と自分の声が合わさったCMを初めて見た時の感動は忘れません。祖父母がずっと愛用しているHondaさんのCMに携われたのは夢のようです。世界中の皆さんに届きますように。

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

SANTAWORLDVIEW「COWBOY'S LIFE (TOO GOOD TOO BAD)& Honest / Feeling Good(Piano Black)」配信ジャケット

ラッパーSANTAWORLDVIEW、菅野よう子の「カウボーイビバップ」楽曲をアレンジした新曲配信

約2か月
菅野よう子「Blue feat. Maya」配信ジャケット

「カウボーイビバップ」最終話エンディング曲「Blue」新バージョン配信

2か月
菅野よう子「CMようこ」ジャケット

菅野よう子CM音楽集2作が本日サブスク解禁 Chara、坂本真綾、畠山美由紀、湯川潮音ら参加

8か月
「SPY×FAMILY」Season 2ポスタービジュアル

アニメ「SPY×FAMILY」新オープニングはAdo、エンディングはVaundy

9か月
「COWBOY BEBOP LP-BOX」より。(c)サンライズ

菅野よう子が音楽担当「カウボーイビバップ」サントラがアナログボックスで発売

10か月
菅野よう子「『舞妓さんちのまかないさん』オリジナル・サウンドトラック」CDジャケット (c)小山愛子・小学館/STORY inc.

菅野よう子が劇伴担当、Netflixドラマ「舞妓さんちのまかないさん」サントラリリース

1年以上
NO IMAGE

ランカとシェリルの小指を赤い糸がつなぐ

2年以上
NO IMAGE

「劇場短編マクロスF」ランカ&シェリル歌唱の主題歌がシングル化、「犬フェス!」収録の“迷宮保存盤”も

3年近く