JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

中村一義が1年半かけて制作した新曲配信、高野寛がギターで参加

中村一義
約1か月前2024年03月20日 9:03

中村一義の新曲「春になれば」のミュージックビデオがYouTubeで公開された。

「春になれば」は、本日3月20日に配信リリースされた楽曲。自身の病やコロナ禍を経て、約1年半を費やして制作された。作詞作曲、サウンドエンジニアリング、ほぼすべての楽器の演奏を中村が自ら手がけており、高野寛がギターで参加。MVではライブペインティングパフォーマー・近藤康平による即興パフォーマンスを観ることができる。

なおスペシャルパッケージとして、本作の高音質音源と、中村直筆の歌詞やMVを使用したリリックビデオのダウンロードカード「musikey」が、ライブ会場とオンラインショップ限定で販売される。

また中村は3月22日に東京・東京キネマ倶楽部でライブイベント「中村一義 BAND LIVE 2024『春、これにあり。~キネマと一座~』」を開催。チケットは各プレイガイドにて販売されている。

中村一義 コメント

一秒一分一時間を回り続ける時計の針の揺れは同じに見えるかもしれない。けれど、一秒一分一時間という、それぞれが感じる長さの異なる時間を生きてきた「あなた」へ、また、その時間を生きた誰もが同じくもそれぞれに異なる「春」を目指すといった、諸行無常と隣り合わせの優しさ、その一切合切を包む望みを描きたかった曲です。

そして、僕が創っているのは音楽なのだから、音楽を聴きたい、と思って創った曲です。

スタジオでのレコーディング作業は、僕一人で行ったのですが、ギター全般に関しては久しぶりに高野寛さんに演奏していただきました。
コロナ禍なども経ていたためデータでのやり取りをしながら、お互い、「あの頃のレコーディングを思い出したね。令和の『永遠なるもの』だね」と、離れた場所でレコーディングしていても同じ頃を感じていたのが印象に残っています。

中村一義 BAND LIVE 2024「春、これにあり。~キネマと一座~」

2024年3月22日(金)東京都 東京キネマ倶楽部

関連記事

加藤和彦

高野寛、高田漣、坂本美雨、石川紅奈、坂崎幸之助らによる新緑版「あの素晴しい愛をもう一度」PV公開

6日
「あの素晴しい日々 加藤和彦、『加藤和彦』を語る」書影

加藤和彦のインタビューまとめた書籍発売、ドキュメンタリー映画予告に高橋幸宏ら

7日
「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」告知画像

加藤和彦初の作品集発売 きたやまおさむ、高野寛、坂崎幸之助、高田漣、坂本美雨ら参加

約1か月
新宿LOFT歌舞伎町移転25周年記念出演者第1弾

新宿LOFT移転25周年記念で石野卓球、J、PEDRO、ExWHYZ、OLD JOEら出演者100組発表

約2か月
No Lie-Sense

鈴木慶一×KERAのNo Lie-Sense、活動10周年記念ベスト発売 新曲と「○と△の歌」カバーも収録

2か月
「Schmatz presents JAPAN BREWERS CUP 2024」ビジュアル

yonige、川本真琴、仮面女子らが日本最大級のビールフェス「JAPAN BREWERS CUP」に出演

4か月
「ホフディランと中村一義 2023」告知ビジュアル

ホフディラン×中村一義、今年の締めに企画ライブ開催

6か月
Analogfish

Analogfish、新たなロックナンバー&会場限定CDの音源を同時配信

8か月
「細野晴臣イエローマジックショー2」より。

どてらYMOも!細野晴臣イエローマジックショー2本と坂本龍一特番をNHKでイッキ見!放送

9か月