JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

L'Arc-en-Ciel、レア曲を“UNDERGROUND“から伝えた全国ツアー「今がいちばんカッコいい」

L'Arc-en-Ciel(Photo by Yuki Kawamoto)
約1か月前2024年04月15日 10:01

L'Arc-en-Cielの全国アリーナツアー「ARENA TOUR 2024 UNDERGROUND」が、全国15公演にわたり開催された。今回のツアーは2月8日に東京・国立代々木競技場第一体育館にて開幕。近年のライブでは披露する機会が少なかった楽曲を“UNDERGROUND“から掘り起こし、異なる演出の3部構成で披露するという内容で全国のファンを楽しませた。この記事では3月7日に行われた国立代々木競技場第一体育館公演の模様をレポートする。

オープニングからレア曲満載

本ツアーのステージセットは2020年の「ARENA TOUR MMXX」、2021年の「30th L'Anniversary TOUR」と同じく、客席に360°囲まれた可動式の円形ステージから十字型の花道が伸びたスタイル。開演時刻を迎えた場内には雨音のSEが流れ、ゆっくりと暗くなっていった。センターステージ上方のLEDスクリーンには雨中に浮かび上がる古城、その中に現れたメンバー4人の姿が映し出される。メンバーの手から種が落ち、城内の床に落ちたところで紗幕が張られたステージがライトアップされ、hyde(Vo)、ken(G)、tetsuya(B)、yukihiro(Dr)のシルエットが浮かび上がった。

最初に会場に響いたのは、「THE BLACK ROSE」の鮮烈なピアノイントロ。2007年リリースのアルバム「KISS」に収録されたレアなナンバーに、客席からは驚きの声が上がる。真っ暗な会場内、オーディエンスの視界に入るのは逆光を浴びた4人のシルエットだけ。スリリングなアンサンブルで観客をたっぷりと焦らしたあと、「EXISTENCE」のトリッキーなイントロが始まり、紗幕が落ちるとともに場内には悲鳴のような歓声が響きわたった。

炎が吹き上がる中でhydeの力強いシャウトが炸裂した「THE NEPENTHES」、kenのクリアなギターが壮大な世界の幕開けを告げた「砂時計」と、その後も2000年代のアルバムのみに収録されたナンバーが連投され、観客の興奮を掻き立てる。「a silent letter」では円形ステージがゆっくりと向きを変えていく中、オーディエンスが手にした自動制御型のペンライト・L’ライトが満点の星空のように青と白に輝いた。hydeが吹き鳴らすサックスの音色が妖艶な世界へと誘った「Ophelia」に続き、「Taste of love」ではステージ下方や機材に取り付けられたカメラからの映像がLEDスクリーンに映し出される。臨場感たっぷりにメンバーを捉えた映像が、ハードなサウンドを鮮やかに彩った。

「あの頃の分も取り返す」ひさびさに沸き起こる歓声

インターバル映像に続き、ライブは2部へ。ここで披露された「Voice」からはダークな雰囲気から一変し、華々しいライティングの中でyukihiroが刻む軽快なビートが客席を揺らす。「Vivid Colors」ではカラフルなレーザー光線が飛び交う中、声出しが解禁されたオーディエンスから大合唱が沸き起こった。MCでhydeは喜びの声を上げる観客に「声出せるようになってよかったね。今日はあの頃の分も取り返そうぜ!」と叫び、さらなる歓声を煽った。

中盤では近年のライブでもおなじみの初期のナンバーが続いたかと思いきや、3rdアルバム「heavenly」の収録曲「Cureless」が始まると再びどよめきが起こる。この曲がライブで披露されるのは「heavenly」発売当時の1996年に行われた全国ツアー「Kiss me deadly heavenly '96」以来だ。続く「Blame」もライブで披露されるのは、2014年の東京・国立競技場公演以来。kenが奏でたアコースティックギターのストロークに始まり、4人のエモーショナルなパフォーマンスが観客を惹きつける。tetsuyaが刻むベースリフは場内の熱をぐんぐん高め、この日のハイライトとも言える盛り上がりを生み出した。

その後LEDスクリーンで繰り広げられたのは、バンドのこれまでの軌跡についての問題を出題する「THE L’ArQuiz」。CD売上やライブへの申込数などの記録的な数字から、ファン歴の長い人でも首をひねるようなマニアックな問題まで幅広い3択問題に、オーディエンスはL’ライトを点灯させて答えた。和やかなひとときが過ぎたのち、アリーナの花道にhyde、ken、tetsuyaが突然現れていよいよ最後のブロックとなる3部へと突入する。ライブは「GOOD LUCK MY WAY」から再開し、2000年代にリリースされたポップなシングル曲が連投されていった。

33年経っても、まだまだ進化できる

「NEXUS 4」でオーディエンスとアイコンタクトを交わしながら熱唱したあと、MCでhydeは花道に足を伸ばして座り、リラックスしたトークを展開した。和気あいあいとしたトークを経て披露されたのは「Bye Bye」のノスタルジックなアンサンブル。直前に交わされた楽しいひとときを振り返るかのように、メンバーもオーディエンスも中空に優しげな目線を向けていた。yukihiroのドラムセット後方にしつらえられたリフターにhydeが登り、アリーナ中に神々しい歌声を轟かせたのは「ミライ」。落ちサビの「今虹がかかり」という歌詞に乗せ、会場内の両端には7色のレーザーが矢のように放たれ、そのスケールの大きさを観客にアピールした。

「Link」で銀テープが会場内に放たれたあと、hydeは会場に早くから集まっていたファンの姿を目撃していたと明かし「『本当にかわいいなこいつら、早く会いに行きたいな』と思いました。次はいつ会えるかはわからないけど、またここでやりたいですね」と代々木での再会に思いを馳せる。そして「今回は普段やっていなかった曲が多くて。当時のCDを聴くと恥ずかしい気持ちもあったりするけど(笑)、今ならもっとうまく歌えて面白い表現ができると思いながら練習しました。33年経ってますがまだまだ進化できる。今がいちばんカッコいいんじゃないかな」と、キャリアを重ねたバンドの現在地に胸を張った。

最後を飾ったナンバーは「MY HEART DRAWS A DREAM」。ステージ上から降り注ぐスパークルに彩られた4人は、笑顔で観客のシンガロングに耳を傾けた。すべての曲を終えたメンバーたちは軽く手を振りつつステージをあとに。最後に残ったtetsuyaは「楽しかった? 幸せ? 僕たちも幸せ!」と素直な思いを口にしつつ円形ステージを一周し、名残り惜しそうに去っていった。

なお7月にはWOWOWにて、4月のさいたまスーパーアリーナ公演の模様が放送される。詳しい放送日時は後日発表予定。

セットリスト

「L'Arc-en-Ciel ARENA TOUR 2024 UNDERGROUND」2024年3月7日 国立代々木競技場第一体育館

01. THE BLACK ROSE
02. EXISTENCE
03. THE NEPENTHES
04. 砂時計
05. a silent letter
06. Ophelia
07. Taste of love
08. Voice
09. Vivid Colors
10. It's the end
12. Cureless
13. Blame
14. 叙情詩
15. GOOD LUCK MY WAY
16. Killing Me
17. NEXUS 4
18. Bye Bye
19. ミライ
20. Link
21. MY HEART DRAWS A DREAM

JOYSOUND
JOYSOUND.COMカラオケ歌うならJOYSOUND

関連記事

左からHISASHI(GLAY)、tetsuya(L'Arc-en-Ciel)。(c)ABCテレビ

GLAY・HISASHIとラルクtetsuyaが振り返るデビュー当時、“ライバル同士”の本音と戦略は

4日
Petit Brabancon

Petit Brabanconの新作EP詳細、“エクストリーム”突き詰めた7曲をデリバリーピザでお届け

7日
HYDE

HYDEが今夏にアルバムリリース、10月にツアー追加公演決定

23日
Like~an~Angel

ラルクのコピーバンドLike-an-Angel、初ツアー開催

約1か月
L'Arc-en-Ciel

ラルクの魅力とは?「関ジャム」でガチファン草野華余子、The Novembers小林祐介、(sic)boyが語る

約2か月
楠木ともり

楠木ともりのラルクTETSUYA提供曲が「魔王学院」EDに、OPはバーンアウト×東山奈央

約2か月
HYDE×「カッシェロ・デル・ディアブロ」ビジュアル

HYDE、“悪魔の蔵のワイン”アンバサダーに就任

2か月
「L'Arc-en-Ciel『ARENA TOUR 2024 UNDERGROUND』[LE-CIEL PRESENTS]Fan Club Members-Exclusive LIVE VIEWING」告知画像

L'Arc-en-Ciel横アリFC公演のライブビューイング開催決定

2か月
L'Arc-en-Ciel

L'Arc-en-Ciel「UNDERGROUND」さいたまスーパーアリーナ公演の放送&配信が決定

2か月