JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

あがた森魚の自伝「愛は愛とて何になる」、デビュー50周年記念コンサートと同日に発売

2年近く前2022年09月06日 8:02

あがた森魚の自伝「愛は愛とて何になる」が9月22日に小学館より発売される。

「愛は愛とて何になる」には彼のルーツや代表曲「赤色エナジー」の誕生秘話などが本人の口より明かされるインタビューのほか、矢野顕子や鈴木慶一、三浦光紀、久保田麻琴、 松岡正剛、緒川たまき、森達也といったあがたを知る人物のインタビュー、あがたの音楽活動を網羅したディスコグラフィや年表などが掲載される。自伝刊行にあたり、細野晴臣は「アルバム『日本少年(ヂバング・ボーイ)』から約半世紀。今でも一番元気なのはあがた森魚だ」、吉井和哉は「音楽の結晶がこの人のところへ集まってる」とコメントを寄せている。

さらにあがたのデビュー50周年を記念したコンサート「50周年音楽會 渋谷公会堂」が、自伝の発売日と同日9月22日に東京・LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)にて行われる。あがたが同会場でライブを行うのはこれまでのキャリアの中で初めてのこと。5月31日に東京・渋谷CLUB QUATTROで行われた「二千十年代選曲集ライヴ」の演奏メンバーに加えて、バンドネオン奏者の小松亮太らも出演する。チケットぴあとローソンチケットではチケットの一般販売を本日9月6日23:59まで行っている。

50周年音楽會 渋谷公会堂

2022年9月22日(木)東京都 LINE CUBE SHIBUYA(渋谷公会堂)
<出演者>
あがた森魚(Vo) / 窪田晴男(G) / ホッピー神山(Key) / 太田恵資(Violin) / 東谷健司(Contrabass) / イトケン(Dr) / 川口義之(Sax) / 南條レオ(Per) / 小松亮太(Bandoneon)/ 会田桃子(Violin)/ 青木菜穂子(Piano)

関連記事

「HOSONO CINEMA HOUSE」フライヤー

細野晴臣のドキュメンタリー2作を上映、トークライブに原田郁子&角銅真実

3日
リンダ・キャリエール「Linda Carriere」の仮ジャケット。

リンダ・キャリエール幻の作品発売 楽曲提供した細野晴臣、矢野顕子、山下達郎、吉田美奈子がコメント

6日
村八分「一九七三年一月 京都大学西部講堂」ジャケット

村八分の1973年京大ワンマン音源がアナログ化、未発表のインスト曲を追加収録

17日
高橋幸宏「BROADCAST FROM HEAVEN」ジャケット

高橋幸宏ソロアルバム14作品&ベスト盤がサブスク解禁

19日
「ステージ101」の出演者、田中星児。

中村八大、東海林修、宮川泰ら参加「ステージ101」発のアルバムがサブスク解禁

19日
裸のラリーズ「屋根裏 YaneUra Oct.'80」CDジャケット

裸のラリーズ、山口冨士夫在籍期の屋根裏ライブ音源をリリース

24日
左から高橋信之、伊藤美恵、鈴木慶一、秀島史香。

高橋幸宏のラジオ特番を鈴木慶一がナビゲート 原田知世、小山田圭吾、大貫妙子のコメントもOA

26日
「MOTHERのおんがく。」LIVE配信記念グッズ

「MOTHER2」30周年ライブ記念グッズ発売、鈴木慶一愛用のギターピックも

27日
「CITY POP on VINYL 2024」ビジュアル

今年の「CITY POP on VINYL」はリンダ・キャリエール、ジンジャー・ルートらの作品が対象

約1か月
「世界サブカルチャー史 欲望の系譜」シーズン4「21世紀の地政学」ポップス編 第2回より。(写真提供:NHK)

70年代「日本語ロック論争」についてEテレで放送、当時の日本人にとって洋楽とはなんだったのか

約1か月