JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

Cornelius「AMBIENT KYOTO」で一夜限り「夢中夢」スペシャルライブセット

「AMBIENT KYOTO 2023」キービジュアル
7か月前2023年08月29日 6:02

Corneliusが11月3日に京都・国立京都国際会館 Main Hallでワンマンライブ「AMBIENT KYOTO 2023 presents Cornelius 夢中夢 Special Live Set」を開催する。

これは10月6日から12月24日にかけて京都の複数会場で行われる展覧会「AMBIENT KYOTO 2023」の一環として実施されるもの。「AMBIENT KYOTO 2023」では京都新聞ビル地下1階で坂本龍一+高谷史郎の作品が展示され、京都中央信用金庫 旧厚生センターでCornelius、Buffalo Daughter、山本精一による作品展示が行われる。どの展示においても「音」が重要なテーマとなる「AMBIENT KYOTO」では、全展示作品の音響ディレクションおよびミックスをZAKが担当。作品詳細は追ってイベントのオフィシャルサイト、SNSで発表される。

Corneliusは6月発表の最新アルバム「夢中夢 -Dream In Dream-」を携えた全国ツアー「Cornelius 夢中夢 Tour 2023」を9月より開催。そのツアーの終了後、一夜限りのスペシャルライブセットを国立京都国際会館で披露する。本公演のチケットは9月5日12:00に「AMBIENT KYOTO」のオフィシャルサイトで発売される。このほか、10月に通常非公開の会場である東本願寺 能舞台にてミニマルミュージック界の巨匠テリー・ライリーによる立体音響ライブが開催されることも決まっている。

AMBIENT KYOTO 2023 presents Cornelius 夢中夢 Special Live Set

2023年11月3日(金・祝)京都府 国立京都国際会館 Main Hall

AMBIENT KYOTO 2023

2023年10月6日(金)~12月24日(日)京都府 京都新聞ビル地下1階 / 京都中央信用金庫 旧厚生センター / 東本願寺 能舞台 / 国立京都国際会館 Main Hall

展覧会

・坂本龍一+高谷史郎(京都新聞ビル地下1階)
・Cornelius / Buffalo Daughter / 山本精一(京都中央信用金庫 旧厚生センター)

ライブ

・テリー・ライリー(東本願寺 能舞台)
・Cornelius(国立京都国際会館 Main Hall)

朗読

・朝吹真理子(京都新聞ビル地下1階)

関連記事

「OTODAMA'24~音泉魂~『必死のパッチで20年目!大感謝祭』」メインビジュアル

「OTODAMA'24~音泉魂~」全42組の入浴順決定、トリは四星球&Cornelius

約12時間
中島みゆき

中島みゆき、KAN、坂本龍一をリスペクトするアーティストたちが“ずっと好きだった曲”をカバー

1日
坂本龍一(Piano)(c)フジテレビ

坂本龍一ライブを28年ぶりオンエア、トリオ編成で巡ったワールドツアー東京公演

1日
る鹿「体がしびれる 頭がよろこぶ」7inchアナログジャケット

坂本慎太郎×山本精一提供、る鹿3rdシングルが7inchアナログ化 冥丁リミックスも収録

11日
羅針盤「はじまり」ジャケット

羅針盤のアルバム2枚を紙ジャケCDでリイシュー

15日
細野晴臣「HOSONO HOUSE」ジャケット

細野晴臣「HOSONO HOUSE」発売から50年、国内外のアーティストが参加したカバーアルバム制作決定

約1か月
「Cornelius 30th Anniversary Set」フライヤー

Cornelius30周年記念ライブを東京と京都で開催、YouTubeでライブ映像公開

約2か月
Cornelius

Cornelius、4月から「FLAG RADIO」レギュラーDJに

約2か月
東北ユースオーケストラと坂本龍一

坂本龍一が音楽監督、東北ユースオーケストラ初のコンサート作品集発売

約2か月
「BPM ブロス・プラス・ミュージック 」表紙

「TV Bros.」音楽誌で細野晴臣特集、最新インタビューやテクノカット誕生秘話などコンテンツ満載

約2か月