JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

細野晴臣「HOSONO HOUSE」発売から50年、国内外のアーティストが参加したカバーアルバム制作決定

細野晴臣「HOSONO HOUSE」ジャケット
約1か月前2024年02月21日 5:03

細野晴臣のアルバム「HOSONO HOUSE」が昨年で発売50周年を迎えた。これを記念し、細野を敬愛する国内外のアーティストが参加したカバーアルバム「HOSONO HOUSE COVER」のリリースが決定した。

「HOSONO HOUSE」は、細野が1973年に発表した1stアルバム。日本のみならず世界各地で今もなお大切に聴かれ続けているポップミュージック史に残る1枚で、グラミー賞で最優秀アルバム賞を受賞したハリー・スタイルズ「Harry's House」のタイトルの由来は「HOSONO HOUSE」から着想を得たのだという。

現時点で「HOSONO HOUSE COVER」への参加が決定しているのは、マック・デマルコ、サム・ゲンデル、ジョン・キャロル・カービー feat. The Mizuhara Sisters(Kiko & Yuka)、Cornelius、矢野顕子、安部勇磨(never young beach)、mei ehara、くくく(原田郁子&角銅真美)、Pearl & The Oysters、ジェリー・ペーパーの10組。参加アーティストは今後も追加される。

カバーアルバムのリリースに先駆け、本日2月21日にマック・デマルコによる「僕は一寸」カバーの配信がスタート。マック・デマルコは細野への思いと今回のカバー音源について「細野晴臣は私のヒーローであり、彼の音楽はすべて大好きで、私は常に彼に夢中であり、このコンピレーションに参加できることを光栄に思います。このカバーは、2023年8月にパリのジョー・バードのゲストルームで録音しました。私の日本語の発音がひどくなければいいのですが」とコメントしている。配信ジャケットのアートワークは西村ツチカが担当した。

「HOSONO HOUSE」は、アメリカでも屈指の人気と信頼を誇るインディペンデントレーベル・STONES THROW RECORDSと、本作の音源制作のプロデュースを担当しているカクバリズム、Bayon production、mediumがパートナーシップを結び、全世界でリリースされる。なお本作はアナログ化も予定されており、リリース時期などの詳細は追ってアナウンスされる。

関連記事

「森、道、市場2024」ビジュアル

「森、道、市場」にgroup_inou、tofubeats×藤井隆、ネバヤン、moreru、在日ファンクら追加

4日
「FUJI & SUN'24」出演アーティスト第4弾告知ビジュアル

「FUJI & SUN」にcero、ペトロールズ、Hedigan's、ネバヤン、HIMI、Chappoら追加

4日
「FUJI&SUN」キーカット

アジカン、木村カエラ、エゴ、ネバヤンら10組の「FUJI & SUN」ライブ映像を立体音響で配信

6日
「頂 -ITADAKI- THE FINAL」告知ビジュアル

今年で最後「頂」第2弾発表でEGO-WRAPPIN'、ネバヤン、手嶌葵、Kan Sanoら10組

6日
「FESTIVAL FRUEZINHO 2024」ビジュアル

「FESTIVAL FRUEZINHO」第1弾発表でムラトゥ・アスタトゥケ、折坂悠太、角銅真実×小暮香帆の波²

10日
「緑光憩音2024HARU」告知ビジュアル

角銅真実、NakamuraEmi、七尾旅人が能楽堂でライブ 月見ル君想フがプロデュースする「緑光憩音」

12日
安部勇磨「冬越え」配信ジャケット

「細野さんが聴いたらなんて言うかな」安部勇磨が「冬越え」カバー

12日
Chappo

Chappoのデビュー物語(後編)|紆余曲折の4年間を経て

13日
Chappo

Chappoのデビュー物語(前編)|細野晴臣のひと言でバンド結成

14日
「磔磔50周年記念公演『静かな夜がいい Vol.2』presented by NICE POP RADIO」ビジュアル

澤部渡と柴田聡子が弾き語りツーマン、ラジオの公開収録も実施

17日