JOYSOUND 音楽ニュース
powered by ナタリー
「JOYSOUND X1」公式サイトJOYSOUND公式キャラクター「ジョイオンプー」

高田漣初の著書「ギターというモノ / ギタリストというヒト」発売

高田漣「ギターというモノ / ギタリストというヒト プルースト、ベイトソン、ソンタグ、高田渡」表紙
1年以上前2022年12月08日 7:04

高田漣初の著書「ギターというモノ / ギタリストというヒト プルースト、ベイトソン、ソンタグ、高田渡」が12月23日に発売される。

本書は音楽雑誌「ERIS」で連載中の高田のコラムに大幅に加筆してまとめた1冊。高田自身のスティールギターとの出会いから専業音楽家として生きる決断、ギターブランドの歴史、ギターを改造する人々の生態を通じて紐解く“ギター脳”についてなど、さまざまな視点からギターおよびギタリストを掘り下げている。また父である高田渡の思い出、細野晴臣との北米ツアーエピソードなども掲載される。

なお帯にはいとうせいこうの推薦文「学究的なアーティストであり、感覚鋭いインテリである高田漣くんの、びっしり固有名詞をぶち込んだギター論が出た。これは買いだ!」と、音楽評論家・萩原健太の推薦文「ギター・ソロなんかオワコンだの、活字メディアはもう古いだの。冗談じゃない。安泰ですよ、どっちも。漣くんがいるんだから」が記載されている。

関連記事

「トノバン 音楽家 加藤和彦とその時代」告知画像

加藤和彦初の作品集発売 きたやまおさむ、高野寛、坂崎幸之助、高田漣、坂本美雨ら参加

3日
安部勇磨「冬越え」配信ジャケット

「細野さんが聴いたらなんて言うかな」安部勇磨が「冬越え」カバー

11日
Chappo

Chappoのデビュー物語(後編)|紆余曲折の4年間を経て

12日
Chappo

Chappoのデビュー物語(前編)|細野晴臣のひと言でバンド結成

13日
フィフィ・ザ・フリーの「栄光の朝」ジャケット

アルファ55周年プロジェクト第1弾でフィフィ・ザ・フリー、ガロ、フォージョーハーフの3作品再発

24日
伊藤大地

伊藤大地が脳内を大興奮させるドラム名曲を紹介

約1か月
細野晴臣「HOSONO HOUSE」ジャケット

細野晴臣「HOSONO HOUSE」発売から50年、国内外のアーティストが参加したカバーアルバム制作決定

約1か月
細野晴臣「Undercurrent」アナログジャケット

細野晴臣「アンダーカレント」の音楽を再構築した劇伴集をアナログ化

約1か月
「西寺郷太のPOP FOCUS」

ノーナ西寺郷太が「ひょうきん族」のエンディングテーマを解説

約2か月
「PLAY FOR PEACE」ロゴ

ウクライナ人道支援ライブに曽我部恵一、INORAN、高田漣、三宅伸治、寺尾紗穂

約2か月